富士吉田商工会議所創立60周年記念事業ふじよしだお土産品大賞

受賞商品


「ふじさんプリン」 有限会社木村屋
山梨県富士吉田市上吉田2
TEL:0555-22-3560
http://www.pudding.co.jp

 地元の富士山をどうしてもプリンにしてみたいと思い、毎日試行錯誤を繰り返してまいりました。富士山の雪景色をイメージしたところ、苦労したのは富士山の雪をどう表現したらいいかという点でしたが、ようやく富士山を表現することができました。
 卵は「特選ふじ」、牛乳は「ふじがね牛乳」をベースに、プリンの中には「地元で取れた富士山蜂蜜」をふんだんに使い、キャラメルも山梨県産の白ワインを使用する等、富士山周辺の地元で取れた材料にこだわりました。
食  品  部  門 

「吉田のうどんセット薬味付」 有限会社丸新製麺
山梨県富士吉田市竜ヶ丘2-5-7
TEL0555-23-5209
http://www.fgo.jp/~marushin/


 現在のお土産の吉田のうどんはうどんのみで、スープ、薬味、しおりがセットになった商品が出回っておりません。そこで弊社はうどんの生地の麺ロール、吉田のうどん、スープ、薬味、しおりを地元の化粧箱屋さんに依頼し全ての商材が富士吉田から仕入れております。
素材にこだわり、無添加かつ日持ちがします。真空加工をしています。
小麦粉にもこだわり、トレサビリティが取れていまして日本、アメリカ、オーストラリアといった国の良いとこだけを使用しております。
この商品で山梨県、富士吉田市を世界のみなさんに知ってもらいたく、地域の活性化に繋がるよう商品開発をいたしました。

「日本の富士山」  有限会社木村屋
山梨県富士吉田市上吉田2
TEL:0555-22-3560
http://www.pudding.co.jp


 富士山周辺の地元で取れた材料をふんだんに使い、卵は「地卵富士」、蜂蜜は「富士山蜂蜜」牛乳は「ふじがね牛乳」。このような地元の材料をふんだんに使い、なおかつ見た目のインパクトにこだわり富士山の形に仕上げました。
 また、ケーキをカットしますと、中のスポンジもこだわりのチョコレートのマーブル生地を使用し溶岩をイメージしてみました。周りは青いチョコレートを吹き付け、上の部分は白いチョコレートで雪を表現しました。
 味もこだわり、販売方法も従来のエージレス包装では、せっかくの富士山が型崩れを起こすので、冷凍での販売となります。解凍後、3日以内にお召し上がりという形になります。


 
「フジヤマ・ラスク」  ハイランドリゾート株式会社
山梨県富士吉田市新西原5-6-1
TEL0555-22-1181
http://www.highlandresort.co.jp/


 ハイランドリゾートシェフが作った富士山型ラスク。希少価値のある、富士山はちみつと、三温糖をたっぷり使用したカステラを富士山型にくりぬき、メイプルシュガーを振りかけて、サクっとするまで低温のオーブンでじっくり焼き上げました。
 雑  貨  部  門
 
優秀賞
「富士桜工房ネクタイ」  山崎織物株式会社
山梨県南都留郡西桂町小沼1697
TEL0555-25-2010
http://www.rakuten.co.jp/atelier-fujizakura


 素材、縫製、裏地、芯地など目に見えない部分まで、しっかりと良いものにこだわっている。
山梨の県花、富士桜の花をモチーフにしたブランドネームと裏地を使用。
江戸時代に“粋”を支えた裏地産地としての歴史がある。
ちょっとした心の支えとなる「お守り」的な商品のニーズが高まっているため、胸に寄り添うネクタイもお守りアイテムに。花言葉は心の美しさ、精神美など。
 
「ネクタイホルダー(ブックカバー兼用)」 有限会社テンジン
山梨県富士吉田市下吉田1815
TEL0555-22-1860
http://www.tenjin-factory.com/


 地元の繊維工場がつくるオリジナル商品。ネクタイをコンパクトに納めることができるので、出張や旅先に携行すると便利です。その他の使い方としては、新書サイズのブックカバーにもなります。ネクタイとのセット販売も有効と考えます。
 
 「甲斐絹名刺入れ」  株式会社甲斐絹座
山梨県富士吉田市下吉田2-25-24
TEL0555-23-2280
http://www.kaikiza.com


 希少価値のある山梨県産の繭から作った生糸を使用し、当富士吉田市内の工場で製織された甲斐絹の名刺入れです。
表地には、縞格子甲斐絹で、裏地には玉虫甲斐絹を用いた粋なデザインに仕上げました。
縫製仕上げも、丁寧に一つ一つ手作りこだわっております。
この製品は、山梨県立大学の学生により立ち上げた「合同会社 飯田甲斐絹堂」との事業連携により開発されました。「飯田甲斐絹堂」は、山梨県立大学の学生が、県産品の甲斐絹を守り、発展させるために設立した合同会社です。
また、本製品は2012年の山梨県立大学の卒業記念品にも採用が決定されました。